ミニコース オープン RC・HIROBA

201911151534.JPG

〒299-3245 千葉県大網白里市池田82-6 駐車場 35台 公式ブログ https://ameblo.jp/rchiroba
営業時間変更 https://ameblo.jp/rchiroba/entry-12564832974.html
完成 https://ameblo.jp/rchiroba/entry-12567088534.html

DSC_0023 (2).JPG
ボディは漫画『サーキットの狼』早瀬佐近 (ポルシェ専門の暴走族「ナチス軍」総統) 漫画通りに製作されただけなので、カギ十字はデザイン上の意味でしかありませんよ (念のため) 。

コースレイアウト検討時の試走車はTAMIYA(タミヤ)M-04です。全長397mm、全幅163mm、全高145mm、ホイールベース210mm (Sサイズ) 、トレッド=前後とも138mm、タイヤ幅/径=前後とも25/59mm、フレーム=モノコックタイプ、後輪駆動、デフギヤ=3ベベル、ステアリング=等長2分割タイロッド式、サスペンション=4輪ダブルウィッシュボーン、歯車比6.82:1、540-Jモーター

20200114 (16).JPG

防炎カーペットを路面にしたミニコースがオープンしました。製作記事 http://tamiyam.seesaa.net/article/473109857.html 

20200114 (20).JPG

操縦台からの全景はノラさんのブログ https://ameblo.jp/nora11200123/entry-12567058756.html https://ameblo.jp/nora11200123/entry-12567188819.html をご参照願います。操縦台は身長185cmまでの人なら、天井に頭をぶつけることはありません。

20140114 (13).JPG

SP-684 60DラジアルMグリップタイヤ https://www.tamiya.com/japan/products/50684/index.html で楽しめました。追記 2019年1月21日にTAMIYA(タミヤ)M-04、M-06 PRO、M-08の3台で追いかけっこをしました。もう路面グリップはバッチリです。

20200114 (21).JPG

コース全長:48.5m (ストレート13.5m) 。最小コース幅:1.2m、最大コース幅:1.8m。指定周回方向:反時計回り。旧店舗で使用していた、AMBポンダーを用いたタイム計測装置は残存しているとの事です。ただ現時点では設置の予定は無いそうです。

DSC_0046 (3).JPG
ピットレーンからインしたM-04

グリップ走行専用です。末永く防炎カーペットの路面を維持するため、旧店舗と同じくグリップ剤は使用禁止です。ご不明な点等ございましたら店長さんにお尋ねください。

ミニコース 製作 RC・HIROBA

201911151534.JPG

〒299-3245 千葉県大網白里市池田82-6 駐車場 35台 公式ブログ https://ameblo.jp/rchiroba
営業時間変更 https://ameblo.jp/rchiroba/entry-12564832974.html

20200113 (2).JPG

事前に1日半寝かして巻き癖を減らしています。撮影時点では仮置きです。 

20200114 (22).JPG

両面テープで防炎のカーペットを貼ります。アスファルト舗装の雰囲気があります。

20200114 (23).JPG

本コースは反時計周り。ストレートエンドに壁を守る為、コンパネを固定します。

DSC_0008 (2).JPG

補助階段ありの3列の操縦台。6人ほど昇れます。死角が発生しないよう、コースに対して斜め向きに設置です。コントロールを失った車輌が操縦台の下に入り込まないよう、コース側は金属柱で隙間を塞いでいます。ピットレーン脇は、旧店舗で使われていたガードレール。懐かしいですねぇ。

20200114 (24).JPG

試走開始。お仲間さんのM-04 (後輪駆動) 、540-Jモーター。ボディはポルシェ911RS。漫画『サーキットの狼』早瀬佐近 (ポルシェ専門の暴走族「ナチス軍」総統) 。漫画通りに製作されただけなので、カギ十字はデザイン上の意味でしかありませんよ (念のため) 。

20200114 (25).JPG

実走させながらコースレイアウトを検討中。お仲間さんの草案がもとになっています。

20200114 (26).JPG

コースレイアウトは後日の微調整に備えて、デッシュは少なく白色の養生テープが中心です。まさか1営業日で完成するとは思わなかったので、試走車は2台だけなんです (私の進捗見込みが甘かったです、皆さんにМシャーシ持参をお願いすればよかった) 。

DSC_0036 (2).JPG

コースレイアウトは暫定。店長さんがレイアウトを微調節後に、縁石の表現として紅白のプラパーツを貼ります。ジオラマではないので、退避用のランオフエリアに白線でゼブラなどはやりません。その失敗は自分が旧店舗でやってしまい、ご迷惑をおかけしました (コース変更時にテープを剥がすだけで複数人で180分) 。

20200114 (27).JPG

みんなで製作したので交代で2台を操縦です。

20200114 (28).JPG

ガードレールを突き破った (?) M-06 PRO (リヤモーター・後輪駆動) 、17.5ターンブラシレスモーター、歯車比:6.44.1 (06モジュールピ二オンギヤ18T) 。全長:385mm、全幅:168mm、全高:132mm、ホイールベース:225mm、トレッド:前後138mm、デフギヤ方式:3ベベル、ステアリングタイロッド:3分割、サスペンションF/R共:ダブルウィッシュボーン

20200114 (29).JPG

丸坊主のМグリップタイヤ (3年落ち http://tamiyam.seesaa.net/article/454999912.html?seesaa_related=category ほぼスリック) が原因です。

20200122m06.JPG

溶けたМグリップタイヤ。閉店の10分前まで逆周りも含めて走り込みました。ライン上にタイヤ痕がつけば路面グリップは一段と安定します。最初の試走と異なり、スロットルを全開で握れるようになりました。

20200115 (4).JPG

228分で完成 https://ameblo.jp/rchiroba/entry-12567088534.html http://tamiyam.seesaa.net/article/473111058.html 店長さん、奥様ありがとうございました。作業に参加した皆様お疲れ様でした。

20200114 (14).JPG

グリップ走行専用です。末永く防炎カーペットの路面を維持するため、旧店舗と同じくグリップ剤は使用禁止です。ご不明な点等ございましたら店長さんにお尋ねください。

2020 走り始め TT-02

新年明けましておめでとうございます。12時から16時までTT-02のセット変更を行い、走り始めは撮影する余裕がありませんでした (苦笑) 。変更点としてはスポーツチューンモーターから540-Jモーターへ変更、D15部品削り、フロントアップライト一部切断 (サスアームの出っ張りに干渉する部分) です。後輪のデフロックはテッシュを詰めたものの、長くはもちません。


2020年1月3日時点の暫定仕様

HOBBYWING QuicRUN-WP-1060-Brushed BEC内蔵3A/6V 1/10用
TOWER PRO MG996R メタルギア・デジタルサーボ
OP.689 540-Jモーター
歯車比7.58:1 スパーギア70T (キット標準) 06モジュールピ二オンギヤ24T
OP.1861 ラリーブロックタイヤ (ソフト・2本)
SP.1021 ラリーディッシュホイール (白) 4本 (26mm/+2)
OP.1558 TT-02 アルミモーターマウント
OP.1571 TT-02 アルミモーターヒートシンク
OP.1501 TT-02 アルミプロペラシャフト
SP.1000 ハイトルクサーボセイバー (ブラック)
OP.1733 TT-02 アルミリヤアップライト (3.0度)
OP.569 クランプ式アルミホイールハブ (6mm厚)
フルボールベアリング ※1280を除いてシールドタイプ
最低地上高 前後ハイ・ポジション
舵角加工 ※こちらを参照 https://hobbyone.net/2018/12/17/11522/

お仲間さんから「前よりずっといいよ」と言って頂きました。ステアリングの戻りが遅いので、来月にはサーボをハイスピードタイプに取り替えます。その後にスポーツチューンモーターに戻し、歯車比8.27.1 (06モジュールピ二オンギヤ22T) に変更します。ちなみに6.6VのDT-03の歯車比が8.30:1 (08モジュール19Тピ二オン) 。7.4VのDT-03の歯車比が9.28:1 (08モジュール17Тピ二オン) 。